本物のローソク足チャートを使って
解説していきます。

ローソク足チャートについて
よく解らない場合は前回の
記事をご覧ください。

前回:チャートの見方~ローソク足~

本物のローソク足チャート

今回は「YJFX」のチャート画面で
解説していきます。

 

rosoku01

上のチャートが実際のチャート画面になります。

ここで赤マル部分をちょっと注目して下さい。

「1分足」とか「1時間足」、
「日足」とか「月足」とか何か
たくさんありますね。

「〇〇足」とは?

ローソク足チャートは
指定された期間の値(ね)の動きが
解るチャートです。

「指定した期間」
例えば「日足」を指定すると
上で紹介したようなチャートが表示されます。

では解りづらいので拡大します。
rosoku2

拡大した部分は
2014/11/17~12/3までの日足チャートです。

12本のローソク足があるのが確認できますね(^^)
あれ・・・?12本?
11/17~12/3だと17本ないとおかしくないですか?

日足の本数が足りない?

その答えはこちらのサイトに書いていました。
ZAiFX!:(1週間の日足は5本?6本?~)

簡単に説明すると、
日本の為替市場が開いているのは
土日祝日を除く平日の5日間なので
土日、祝日を除いた12日間分の
ローソク足チャートが表示されている
ということらしいです。(※補足1)

いろんな「足」

上で紹介した「日足」以外にも
「1分足」や「週足」など色々あります。

「日足」は上で説明したように
1日の値(ね)の動きをローソク足1本で
示したものでした。

なので「1分足」は1分間の値の動きを
ローソク足1本で示したものになります。

同じように「週足」は1週間の値の動きを
ローソク足1本で示したものになります。

Yahoo!ファイナンスで色んなローソク足
チャートを見ることができるので
たくさん見て慣れることをおススメします!

Yahoo!ファイナンス

ローソク足を分析してみよう!

前回記事の復習をしてみます。

拡大画像の矢印のローソク足の
「始値」/「終値」、
「安値」/「高値」がおよそ
どのくらいか見てみましょう。

まずこれは青なので「陰線」
だということがわかります。

なので「始値」は「約119.00」くらいでしょうか。
「終値」は「約118.900」くらい?
「高値」は「約119.600」で
「安値」は「約117.999」でしょうかね(たぶん)

ぶっちゃけ「日足」こんな細かく
分析する必要は無いと思いますが、
ローソク足を見ただけですぐに
判断できるよう練習しておくと良いと思います!

補足1

日本の為替市場は土日、
祝日は閉まってるということですが、
取引は出来ます。

日本の市場が閉まっていても
海外市場が開いているからです。
なので、取引は24時間可能です。

画像左上の「USD/JPY」について

詳しくはまた別の記事で書きますが、
この「USD/JPY」は
アメリカドル/日本円を意味しています。
(US dollar/Japan Yen)

アメリカドル1ドルの場合、
日本円はいくらを表しています。

拡大画像の12/3の「終値」は
1ドル = 119.811円
だということになります。

まとめ

だいぶ難しくなってきましたね。
もし解らないことがあればコメントください。
私も初心者なので的確に答えられないかもしれませんが、
何とか勉強してお答えします!

次回は
「ローソク足は解ったけど、これをどう使うの?」
ということについて勉強します!

もしまだ理解できない場合は
トイレなどで前回と今回の記事を
読み直してみてください。
もちろん、他の解説ブログを見ても勉強になりますよ(^^)

⇒⇒前回:チャートの見方~ローソク足~

ではまた次回~