まず自分が知っている知識を整理してこれからやらないといけないことを考えます。
長くなりそうなので数回に分けて記事を書いていきます。

為替取引の知識が必要

チャート

色んなバイオプ関係のサイトを覗いて見るとまず勉強しないといけないのは「チャート」の味方!

チャートとは

jyosyo_tya-to1
▲こんなのや

jyosyo_tya-to2
▲こんなののことです。

何となく見たことありますよね?
このチャートの見方こそが恐らく一番難しい勉強の課題だと思っています。

専門用語

これも大事です。

勉強しようと思っても専門用語で説明されたら意味がわかりません。FXの時もこれで挫折しました。

なので、今回は勉強の中で出てくる専門用語などはすぐに調べて絶対に理解します!

ちなみに今現在、「為替」ってなに?
な状態です。

銀行口座が必要

これは知っていました。
しかも、普通の口座ではダメです。
為替取引ができる口座が必要です!

証券会社の口座

テレビのCMなどでよくDMM.com証券やGMOクリック証券など目にしますが、こういった証券会社の口座が必要になります。普通預金口座ではダメです。

ここで注意!

証券会社の口座ならどこでも良いかというとそうではありません!
バイオプがしたいなら「バイオプを商品として取り扱っている会社の口座」が必要になります!

(´・ω・`)?

至って簡単で、証券会社によってバイオプが出来る会社と出来ない会社があるので、バイオプがしたいならバイオプが出来る会社の口座を作る必要があるということです。

外国のバイオプもある

バイオプは外国でも行われています。
もちろん、日本人も海外のバイオプのサービスを利用することが出来ます。

多くの場合は、海外のバイオプ会社にお金を預けて預けたお金で取引をして勝ったら増えた分と合わせて返してもらうといったイメージです。

では日本と外国の違いとは何なのか?
次の記事でその違いについて説明していきます!